介護 資格 > 介護 資格の種類 > ガイドヘルパー

ガイドヘルパー


ガイドヘルパーとは?
ガイドヘルパーというのは、正式には「移動介護従事者」と言い、自力で外出をする事が出来ない程の障害を持っている人の付き添いを行う介護者の事です。

ガイドヘルパーは、要介護者の買い物や散歩に付き添うだけでなく、コンサート等への付き添いも行います。
要は、障害者の社会参加をサポートし、健常者と同じ日常をおくれるようにするための補助をするのがガイドヘルパーの役割なのです。

ガイドヘルパーが付き添う障害の種類は、「視覚障害」「全身性障害」「知的障害」の3種類です。
原則として、それぞれの障害に応じて専門の講習を規定時間受ける必要があります。
しかし、各市町村によって講習の有無やガイドヘルパー資格の基準が異なります。

ガイドヘルパーになるには?
自力で外出する事が困難な程度の障害を持つ人や、高齢者の外出を補助するのがガイドヘルパーの仕事ですが、この仕事に就くにはどうすれば良いのでしょうか?

ガイドヘルパーの資格は各市町村によって異なるとは言っても、介護職なので全国共通の一定基準というのは、当然の事ながら設けられています。

まず、ガイドヘルパーになるには、国家資格である介護福祉士の資格を持っているか、ホームヘルパー2級に相当する資格を持っている事が絶対条件となっています。
これらの資格を持っていない場合は、ガイドヘルパーの資格取得のための受験資格を持っていない事になりますので、ガイドヘルパーを目指している方は、絶対にこれらの資格を取得しておきましょう。
これらの資格をすでに取得している方は、規定の講習を受ける事で晴れてガイドヘルパーになる事が可能です。

ガイドヘルパーの有効性
「ホームヘルパー2級の資格を取得していたら、ガイドヘルパーとして従事しても良い」という規定を敷いている市町村が非常に多いです。
このため、ガイドヘルパーの資格は無価値なものなのか?と悩んでいる人もいるようですが、そんな事はありません。

やはり、専門的にガイドヘルパーに必要な事を講習で学んでいるという事は、専門家としての『強み』になります。
ガイドヘルパーの資格取得者は、ガイドヘルパーのプロである事の証明なのです。

ランキング

WellCrew(ウェルクルー)

  • 福祉・介護業界特化
  • 就職・転職に強い
  • お祝い金制度

                 

福祉・介護業界の求人に特化したWellCrew(ウェルクルー)は、今までにはないタイプの求人サイトです。

企業やシゴトの情報がリアルタイムに受け取ることができるタイムライン機能を採用。 募集記事もインタビュー風になっていて、どんな人が働いていてどんな雰囲気なのかがわかりやすく、就職前に想像しやすくなっています。

WellCrew(ウェルクルー)経由で採用されると「採用お祝い金」がもらえたり、Cupid(キューピッド)機能で周りの友人や同僚の推薦情報を提供すると、求職者の採用決定時にWellCrewより謝礼を受け取れるユーザーにうれしい特典が用意されているのも要チェックです。

WellCrew(ウェルクルー)について詳しく見る≫≫≫

かいご畑

かいご畑では介護資格を0円で取得できたり、資格なしでも働ける介護・医療・福祉の求人情報から仕事が探せます。

シカトル

シカトルは資格に関する資料を手に入れたい方を支援する為に作られたサイトです。医療事務からリフレクソロジーといった様々な種類を取り扱っているので利用者数は急増中!


このページのトップへ