介護 資格 > 介護 資格の種類 > サービス介助士準2級

サービス介助士準2級


サービス介助士とは?
サービス介助士とは「ケアフィッター」よも呼ばれる介護従事者の事です。
「入浴・排泄・食事」などをサポートするホームヘルパー等の介護職とは違い、高齢者や障害のある人を手伝うだけの仕事です。

高齢者や障害者のサポートをするのが仕事なら、どこがホームヘルパーと違うんだ?と思う事でしょうが、このサービス介助士の行う事は「おもてなしの心」と「介助技術」を学んで、それらサポートが必要な人に軽く手を差し伸べてやるというのが基本スタンスだからです。

サービス介助士には、介護に関する必要最低限の知識と技術は当然必要ですが、1番必要なのは、高齢者や障害者への思いやりの基づいた「おもなしの心」なのです。

サービス介助士の資格
「おもてなしの心」が重要とは言っても、人の生活をサポートするのがサービス介助士の仕事なので、そのために必要な知識と技術を身に付けるための資格取得が必須です。

サービス介助士の資格取得には、それほど厳しいハードルが設けられているわけではありません。
希望者なら誰でも受験する事が出来、比較的簡単に取得する事が出来るのが、この資格の特徴となっています。

サービス介助士の資格取得の過程で、「加齢から来る肉体の変化」や「認知症の人への介助方法」、「高齢者が罹りやすい病気」などの知識を身に付ける事になります。
これらの知識は、サービス介助士という仕事を離れたとしても役に立つ知識ですので、興味の有る方は是非取得しておきましょう。

2級と準2級の違い
サービス介助士の資格には2級と準2級の2つのランクがあります。

2級の資格を取得するためには、準2級の資格を取得する必要があります。
準2級を取得する事はとりたてて難しくはなく、自宅で受験する事が出来ます。
受験までの勉強方法は、テキストとDVDでの学習で十分となっています。

準2級合格後に2級の受講資格を得ます。
2級は、2日間の実技教習と検定筆記試験に合格することで取得する事が出来ます。

ランキング

WellCrew(ウェルクルー)

  • 福祉・介護業界特化
  • 就職・転職に強い
  • お祝い金制度

                 

福祉・介護業界の求人に特化したWellCrew(ウェルクルー)は、今までにはないタイプの求人サイトです。

企業やシゴトの情報がリアルタイムに受け取ることができるタイムライン機能を採用。 募集記事もインタビュー風になっていて、どんな人が働いていてどんな雰囲気なのかがわかりやすく、就職前に想像しやすくなっています。

WellCrew(ウェルクルー)経由で採用されると「採用お祝い金」がもらえたり、Cupid(キューピッド)機能で周りの友人や同僚の推薦情報を提供すると、求職者の採用決定時にWellCrewより謝礼を受け取れるユーザーにうれしい特典が用意されているのも要チェックです。

WellCrew(ウェルクルー)について詳しく見る≫≫≫

シカトル

シカトルは資格に関する資料を手に入れたい方を支援する為に作られたサイトです。医療事務からリフレクソロジーといった様々な種類を取り扱っているので利用者数は急増中!

介護資格ナビ

介護資格ナビでは気になる資格の資料がまとめて請求でき、全国3万件以上の介護・医療・福祉の求人情報から仕事が探せます。


このページのトップへ