介護 資格 > 介護資格の基礎知識 > 介護資格の取り方

介護資格の取り方


介護資格の取り方は?

介護資格の取り方は、どんな方法があるのでしょうか。
介護資格といってもいくるか種類があります。

介護資格に関しては、段階的に資格を取ることができるようなシステムとなっています。

試験などもありますが、試験を受けるためには、経験年数が必要となってきますから、簡単に介護の資格といっても目指している資格によっては、かなりの期間が必要となってきますが、現在でも人材不足ということが言われていますし、こらからの日本の状況を考えるとさらに需要は高まるものとなってきますから、かなり重要な職種ともなってくるでしょう。

介護資格の種類は?

介護資格には、ヘルパー2級と介護福祉士、介護支援専門員とあり、それぞれで資格を取るための条件はちがってきます。

介護資格を取るためには、まずは、ヘルパー2級を取得することになります。

ヘルパー2級に関しては、特に試験といったものはなく、自治体などでも講座を開いていますから、講座に参加して実習をこなし、問題を解いて課題として提出することになります。
ちょっと頑張ればとることができ、費用も5~10万円程度となっていますから、資格として持っている人も少なくないでしょう。

介護福祉士になるためには?

介護福祉士になるためには、ヘルパー2級の資格をとってから働きだし、実務経験が3年で資格を取得することができるようになります。
ヘルパー2級とはことなり、学科と実技があり、試験は国家試験となり、合格率も50パーセントとなっていますから、それなりの努力が必要となってきています。

介護支援専門員は、介護の現場で5年の実務が必要となります。
5年を経過したら試験を受ける資格ができますが、試験の何度はかなり上がってきますから、合格率も20%と低いものとなってきています。

同じ介護の現場であっても持っている資格などで給与などにも違いがでてきますし、それぞれの目標としているものには、違いがありますから、しっかりと目標を定めて自分に必要となる資格を取るようにしましょう。

ランキング

WellCrew(ウェルクルー)

  • 福祉・介護業界特化
  • 就職・転職に強い
  • お祝い金制度

                 

福祉・介護業界の求人に特化したWellCrew(ウェルクルー)は、今までにはないタイプの求人サイトです。

企業やシゴトの情報がリアルタイムに受け取ることができるタイムライン機能を採用。 募集記事もインタビュー風になっていて、どんな人が働いていてどんな雰囲気なのかがわかりやすく、就職前に想像しやすくなっています。

WellCrew(ウェルクルー)経由で採用されると「採用お祝い金」がもらえたり、Cupid(キューピッド)機能で周りの友人や同僚の推薦情報を提供すると、求職者の採用決定時にWellCrewより謝礼を受け取れるユーザーにうれしい特典が用意されているのも要チェックです。

WellCrew(ウェルクルー)について詳しく見る≫≫≫

かいご畑

かいご畑では介護資格を0円で取得できたり、資格なしでも働ける介護・医療・福祉の求人情報から仕事が探せます。

シカトル

シカトルは資格に関する資料を手に入れたい方を支援する為に作られたサイトです。医療事務からリフレクソロジーといった様々な種類を取り扱っているので利用者数は急増中!


このページのトップへ