介護 資格 > 介護資格の基礎知識 > 介護 資格 補助金

介護 資格 補助金


介護資格取得に補助金はありますか?

介護資格を取得するとなると何かと費用が必要となってきますから、補助金などがあれば助かります。

介護資格を取得するための補助金というとまずは、教育訓練給付金制度が該当となってくることが多いでしょう。
教育訓練給付金制度は、雇用保険の一般被保険者である期間が3年以上となっている場合か過去に3年間以上雇用保険の一般被保険者で離職後1年以内である場合に対象となってくる制度です。

厚生労働大臣によって指定されている教育講座を受講し終了することで受講料の20%(最大10万円まで)を給付されるという制度となってきます。

介護資格を取得するための講座もありますから、そういたものを選択して申請すれば、受講料の一部が戻ってくることになりますから助かります。
興味のある人は、まずは、近くのハローワークに問い合わせてみましょう。

自立支援教育訓練給付金事業?

介護の資格を取得するための補助金として、対象となる人は限られますが、自立支援教育訓練給付金事業というものもあります。

介護資格にこだわったいるわけではありませんが、母子家庭の母親にの自立を助けるための事業となっていますから、介護の資格を取得したいということであれば、都道府県などの指定した、介護資格取得のための教育訓練給付講座を受講することで、授業料の一部が給付されることになります。

自治体によって、条件などには違いがありますから、各自治体にある福祉事務所などに問い合わせてみるとよいでしょう。

母子家庭のなどの場合には、少しでも費用を抑えたいということも多いでしょうから、多少でも費用が少なくなれば、助かるでしょう。
将来を考えても介護の関係の資格を取っておけば、仕事の幅も広がりますから安心です。

介護資格を取るために!

介護資格を取るために何らかの勉強を行っている人も少なくないでしょう。

介護資格取得のための学校に通ったり、講座を受講したり、通信教育を受講したり勉強の方法は様々です。
どんな方法をとるにしても費用が掛かってきますし、中には、自分で参考書などを購入して自力で頑張るという人もいるようですが、やはりかなりの努力が必要となってきます。

介護福祉士の試験などは、毎年合格率が20%程度となっていますから、難関となっています。

やはり、講座などを勉強する方がわかりやすい勉強となってきますが、費用の問題がありますから、なかなか難しいという人もいますが、補助金などを上手に利用することである程度は費用を抑えることもできます。

介護資格は、今後の日本を考えると介護職の需要はますます高まってくることが予想されますから、少し頑張って資格を取っておけば何かと役立つでしょう。

ランキング

WellCrew(ウェルクルー)

  • 福祉・介護業界特化
  • 就職・転職に強い
  • お祝い金制度

                 

福祉・介護業界の求人に特化したWellCrew(ウェルクルー)は、今までにはないタイプの求人サイトです。

企業やシゴトの情報がリアルタイムに受け取ることができるタイムライン機能を採用。 募集記事もインタビュー風になっていて、どんな人が働いていてどんな雰囲気なのかがわかりやすく、就職前に想像しやすくなっています。

WellCrew(ウェルクルー)経由で採用されると「採用お祝い金」がもらえたり、Cupid(キューピッド)機能で周りの友人や同僚の推薦情報を提供すると、求職者の採用決定時にWellCrewより謝礼を受け取れるユーザーにうれしい特典が用意されているのも要チェックです。

WellCrew(ウェルクルー)について詳しく見る≫≫≫

シカトル

シカトルは資格に関する資料を手に入れたい方を支援する為に作られたサイトです。医療事務からリフレクソロジーといった様々な種類を取り扱っているので利用者数は急増中!

介護資格ナビ

介護資格ナビでは気になる資格の資料がまとめて請求でき、全国3万件以上の介護・医療・福祉の求人情報から仕事が探せます。


このページのトップへ