介護 資格 > 介護資格の基礎知識 > 介護 資格 費用

介護 資格 費用


介護資格の費用はどのくらいが必要なの?

介護資格を取得するためには、それなりに学ぶことが必要となってきます。

介護資格を取るための専門学校などもありますし、独学で取得するという人も多くなっていますし、通信教育を利用するという人も少なくありません。

ヘルパー2級の場合には、特に試験といったものはありませんが、講習会などに参加する必要がありますから、5~10万円といったところが目安となってくるようです。
これは、あくまでも自治体などで行っているような講習会に参加した場合になってくるので、学校に通ったりして学ぶといった場合には、もう少し多めに考えた方がよいのかもしれません。

介護資格を取得する方法は、専門学校に通うなどいくつかの方法がありますから、選択する方法によっても費用には大きな違いが出てくることもあります。

介護福祉士取得の費用は?

介護福祉士の取得は、まずは、実務経験が3年以上必要となってきますから、それ以後に取得することになります。

仕事をしながら取得を目指すということも多く、通信教育などを利用して学ぶ人が多くなっています。
通信教育でもいろいろなものがありますが、人気の高いものでは、大体5万円程度で行うことができます。

受験代として、13,000円程度必要となりますから、7万円程度となってくることになりますが、実際には、実技試験が免除となるように介護技術講習会を受ける人も多く、講習会を受ける為には、やはり7万円程度が必要となってきますから、費用としては、15万円程度は必要となってきます。

ケアマネージャー資格の費用は?

ケアマネージャーの資格を取るための費用も人それぞれとなってきます。
必ず必要となってくるのが受験料となりますが、これは、大体1万円ちょっとといったところで、都道府県によて違いが多少あります。

学校に通ったり通信教育を利用したりと方法によっても費用には違いがありますが、やはり10万円を超えることがほとんどのようです。

なんとか自力で勉強してという場合には、参考書などの購入程度に費用を抑えれば2,3万円ということもできるのでしょうが、ケアマネージャー資格の合格率は20%程度となっていますから、中途半端には合格することが難しいでしょう。

ある程度費用をかけることも必要となってきます。

ランキング

WellCrew(ウェルクルー)

  • 福祉・介護業界特化
  • 就職・転職に強い
  • お祝い金制度

                 

福祉・介護業界の求人に特化したWellCrew(ウェルクルー)は、今までにはないタイプの求人サイトです。

企業やシゴトの情報がリアルタイムに受け取ることができるタイムライン機能を採用。 募集記事もインタビュー風になっていて、どんな人が働いていてどんな雰囲気なのかがわかりやすく、就職前に想像しやすくなっています。

WellCrew(ウェルクルー)経由で採用されると「採用お祝い金」がもらえたり、Cupid(キューピッド)機能で周りの友人や同僚の推薦情報を提供すると、求職者の採用決定時にWellCrewより謝礼を受け取れるユーザーにうれしい特典が用意されているのも要チェックです。

WellCrew(ウェルクルー)について詳しく見る≫≫≫

かいご畑

かいご畑では介護資格を0円で取得できたり、資格なしでも働ける介護・医療・福祉の求人情報から仕事が探せます。

シカトル

シカトルは資格に関する資料を手に入れたい方を支援する為に作られたサイトです。医療事務からリフレクソロジーといった様々な種類を取り扱っているので利用者数は急増中!


このページのトップへ