介護 資格 > 介護資格の基礎知識 > 働きながら介護の資格を取得

働きながら介護の資格を取得


介護資格の重要性
現在の日本では、介護の必要な「要介護者」の存在が増えているのと反比例するかのように、介護職従事者の存在が増えていません。
介護の仕事は専門的なので、それに必要な知識と技術の習得が必要不可欠となっているのが伸び悩みの原因のようです。

介護の資格無しでも介護施設で働く事は可能なのですが、仕事の幅が制限されると同時に給与面でも、無資格だとかなり厳しくなってしまうのがネックとなっています。

収入を安定させながら介護の仕事を行うには、何かしらの介護資格の取得が必要となってくるのです。

働きながら介護の資格を取得するには?
介護の仕事に心おきなく従事するには、何かしらの介護資格を必要な事は分かったが、現在の仕事をしながら資格を取得するのに良い方法が見つからないという人には、通信講座での資格取得をおすすめします。

通信講座での取得だったら、自分の空いた時間に学ぶ事が出来るのでとても便利です。
介護の資格も、ホームヘルパー2級相当の資格までは通信講座で取得する事が出来るので、何も問題はありません。
それ以上の資格を取得するには、原則として実務経験の有無が必要となってくるので、どっちにしろ通信講座だけでは不可能となります。

今現在の仕事を辞めて介護の仕事に就きたいという人は、働きながら通信講座で介護の資格を取得してから辞めた方が、無難な選択と言えると思います。

厚生労働省の「働きながら資格を取る」雇用介護プログラム
働きながら介護の資格を取得したい人のために、日本政府は『「働きながら資格を取る」雇用介護プログラム』という制度を発足しています。

このプログラムに参加している人は、指定された養成機関に通いながら、最終的にホームヘルパー2級、または介護福祉士の資格を取得する事が出来ます。
講座受講の無い日は介護施設で働く事となるのですが、この勤務時間と受講時間の両方の時間を含めて、しっかりと給与が出るのがこのプログラムの魅力となっています。

ランキング

WellCrew(ウェルクルー)

  • 福祉・介護業界特化
  • 就職・転職に強い
  • お祝い金制度

                 

福祉・介護業界の求人に特化したWellCrew(ウェルクルー)は、今までにはないタイプの求人サイトです。

企業やシゴトの情報がリアルタイムに受け取ることができるタイムライン機能を採用。 募集記事もインタビュー風になっていて、どんな人が働いていてどんな雰囲気なのかがわかりやすく、就職前に想像しやすくなっています。

WellCrew(ウェルクルー)経由で採用されると「採用お祝い金」がもらえたり、Cupid(キューピッド)機能で周りの友人や同僚の推薦情報を提供すると、求職者の採用決定時にWellCrewより謝礼を受け取れるユーザーにうれしい特典が用意されているのも要チェックです。

WellCrew(ウェルクルー)について詳しく見る≫≫≫

かいご畑

かいご畑では介護資格を0円で取得できたり、資格なしでも働ける介護・医療・福祉の求人情報から仕事が探せます。

シカトル

シカトルは資格に関する資料を手に入れたい方を支援する為に作られたサイトです。医療事務からリフレクソロジーといった様々な種類を取り扱っているので利用者数は急増中!


このページのトップへ